about

今話題の電子タバコを中心としたネットショップ
【 VAPE WORLD 】へようこそ!!

様々な電子タバコを取り揃えています♪


電子タバコの特徴

1、安い

結構びっくりされることが多いんですが、現状は電子タバコの方がリアルタバコよりかなり安いです。
僕は元々1日1.5箱を吸いきるヘビースモーカーだったので、大体週1カートンを消費、つまり1ヶ月21,000~22,000円くらい使っていたわけです。
僕の電子タバコのランニングコストなんですが、大体月に1600~2400円くらい。
おおよそ1/10ぐらいのコストになります。
ハイグレードなモデルの初期コストでも、1~2ヶ月のうちに実は元が取れます。

安さの秘密はリキッドです。
10mlのリキッドでおおよそたばこ15箱分の量に相当します。
たばこが450円と考えたとしても、6750円-810円=5940円
リキッド1つで約5940円も得しちゃうんです。


2、タールがない

発癌性物質であるタールは、植物を熱したときに出る樹脂(ヤニ)です。
電子タバコはそもそも植物を熱してるわけじゃないので、タールが含まれません。
ニコチンも当然含まれていません。

ついでに、タールがないので壁紙が黄ばんだりはしません。


3、美味しい

電子タバコには色々なフレーバーがあります。
2014年現在、当店で扱っているブレーバーリキッドだけで約30種類あります。
これは本当に多種多様で、たばこ味やら葉巻味、メンソール味からイチゴ味、ピーチ味、チョコやコーヒー味、エナジードリンク(レッドブル)味などなど、、挙げればキリがないほどです。
これだけ色々あるので探せば自分好みのものがあるでしょうし、気分によって変えながら楽しむことができます。

ただし、正直にお伝えします。リアルタバコと全く同じ味のフレーバーは存在しません。
似ているのはありますが、全く同じと言い切れるものはありません。

リアルタバコの「完全な」代替品を求めるのは不可能です。
やっぱり葉っぱを燃やさないとあの味は出ないんです。

その代わりリアルタバコに代わる新しい味に沢山出会えます。


4、細かいポイント

1、匂いがほぼつかない
リアルタバコ特有のあの匂いは電子タバコにはありません。
部屋に女の子を呼んでもくさい!とは言われなくなります。

2、灰や吸殻が出ない
灰皿ひっくり返したり鼻息で灰を撒き散らしたり、吸殻を捨てたりとかの手間はなくなります。

3、深夜にタバコ切れた!がほぼない
リキッドは、1回買うと約8箱分です。
深夜にタバコが切れてコンビニ行くのが面倒!という事態は起きにくくなります。

4、火災の心配がない
火を使わないのでたばこが出火原因による火災の心配がありません。
寝タバコだって楽勝で出来ちゃいます(笑)



皆様も是非、電子タバコの快適性と低コスト性でより快適な生活を♪